ハワイに着きました。

いよいよ明日から、アメリカで最大の酒の審査会 全米日本酒鑑評会 とそのお披露目会である ‘Joy of Sake Honolulu ‘が始まります。

今日は、アメリカと日本から集まった審査員とスタッフおよび支援者が一堂に会し、明日から始まる素晴らしいイベントのキックオフが行われました。

全米日本酒鑑評会は、今年で17回を迎えます。昔は、酒の流通手段が確立されていなく、アメリカに着くまでに美味しい日本酒の味と香りを保持することができなかったそうですが、最近の物流がその問題を解決し、日本のお酒を美味しいまま、アメリカの消費者に届けることができるようになって来ました。

そんな中で、日本で作った酒がハワイに来てもその品質を保持できるような、造り方や管理がきちんとできているのかを評価することがこの会の目的の1つであるそうです。

もちろん、日本酒を知ってもらい楽しんでもらうことも大きな目的の1つです。

今年の夏は日本とくらべものにならないくらい涼しく快適なハワイ。

そんな軽快な場所で、真面目な審査会とその後の楽しい酒の会が催されます。

そして、その酒が9月の末にニューヨークで、11月の初めに東京で楽しめます。ぜひ、足を運んでみてください。

日本酒が繋ぐ素晴らしい縁と可能性を感じられる貴重なひと時になるでしょう。